プロジェクターとテレビどっちがいい?

※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

プロジェクターをやめて1年ぶりにテレビのある生活が戻ってきました。

目次

プロジェクターをテレビ代わりに。2020.7月〜

独身時代に地デジ化したタイミングで購入した32型の液晶テレビを結婚してからも使用。

新居に引っ越してからは18畳のリビングに32型のテレビでは小さく、番組表を見るのが辛くなってきて。

レコーダーが壊れたタイミングでレコーダーのみを買い換えテレビは処分。プロジェクターに投影するスタイルに変更。

リビングでプロジェクター使用の写真

プロジェクターのメリット・デメリット

メリット

  • 画面が大きい
  • 部屋がスッキリする
  • テレビの掃除の手間が減る
  • 夜は臨場感UP

デメリット

  • 昼間は見づらい
  • 投影する大きな壁面が必要
  • 壁に凹凸があると見づらい
  • 文字が見づらい(メニュー操作、番組表)

といったところ。

こうやって書き出すとデメリットも多いけど、テレビの存在感がないのは個人的には好きだった。

プロジェクター置き場の写真

テレビに戻そうと思ったわけ

プロジェクターを1年2ヶ月使って、いつからか画面の左上が見づらいと感じることが増えてきて。

昼間はプロジェクターだと見づらいし、レコーダーをDIGAにしたことでスマホやタブレットで録画が見れてしまうのが便利すぎて。私はほとんどプロジェクターを使うことはなくて、主に子どもと夫が見ているだけ。

時々レコーダーのメニュー操作をすると、文字が見づらい!

たまにしか使わないのにかなりストレスを感じていた。

買い替え当時、息子は文字が読めなかったから見てて平気だったのかもしれない。

プロジェクターの画面焼けの写真

我が家は広い壁がなくて凹凸のある壁に投影していたのも見づらさの原因。一時的にフラットな壁面に映してみたら、画面の左上が焼き付いてることが判明。

どうりで見づらいわけだ。寿命は50,000時間(5年)だけど1年で壊れた。格安中華製だから仕方ない。なぜか脳の写真…

ポップインアラジンのような天井から投影するプロジェクターや、高スペックのプロジェクターへの買い替えと悩んだけど、フラットな投影先がないのでテレビに戻すことにしました。

設置場所&メーカーを吟味

設置場所の候補は2択

プロジェクター投影先プラン2

候補①:アンテナジャックがある場所(青丸のところ)

  • 斜め置き必須
  • 斜め置きなら49型までいけそう
  • 壁掛け&斜めにできるアームは43型まで対応

候補②:リビング入口横の壁(オレンジ線のところ)

  • アンテナジャックがないのでレコーダー(DIGA)で受信してテレビに転送できるパナソニックVIERAのみ可能
  • アンテナジャックから配線を伸ばすなら配線処理が面倒
  • 43型までがギリギリ

最初は壁掛けは絶対条件だったけど、気軽に場所を変えれなくなるし、大画面にしたい欲が勝って壁掛けは断念。斜め置きの①を採用。

結局VIERAにしました。

しかも型落ちの43型より、型落ちの49型の方が安かった。低スペックだったのかも。

ロータイプのテレビスタンドがおすすめ。

テレビスタンドの写真

選んだのはテレビ台ではなく、こちらのテレビスタンド。

夫は壁掛けにこだわっていたけど、テレビスタンドを見せるとあっさりOK。

こんなのあるならいいやーん。

次男が立つようになれば画面位置を上げようと思って購入し、現在一番高い位置にしてるけどガンガン叩いてます…。指紋だらけ。

テレビに戻した感想

やっぱり見やすい大画面はいい!

番組表も見やすいし、長男も文字を見たりdボタンで番組参加したりして楽しそう。

壁に投影してた時はボヤーっとしていたけど、はっきり見えるのでドラマに集中できる。

次男がベタベタ触ってしまうけど、あと数年だけのことなので割り切る。レコーダーを置く付属の棚をつけたかったけど、次男がボタンを押しまくるのでテレビ裏に追いやり中…。

レコーダーは変えてないので、使い勝手も変わらず◎

テレビをやめてプロジェクターにする人が多い中、今の我が家にはテレビが合っていたようです。スクリーンが設置できる場所があるなら、プロジェクターが魅力的。

次男のお昼寝中や長男のテレビ中はタブレットを使ったり、スマホで見たりできて便利に使っています。

インターネットテレビだけど、長男はテレビでAmazonプライムが見れることをまだ知らない…。教えない、フフ。

ご参考になれば嬉しいです。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次