楽天カード2枚持ちで用途分け。ETCカードも2枚目発行可能?

楽天カード、ETCカードの2枚持ち
※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

クレジットカードは楽天カードを使っていますか?

自分名義のカードを

事業用と家計用で明細をわけたいな

とか、

ETCカードも2枚あれば管理がしやすいな

と用途に応じて分けたいと思っている方もいるのではないでしょうか。

この記事を読めば同じ名義で楽天カードは2枚持てるのか、ETCカードは2枚作れるのかがわかります。

目次

楽天カードは2枚目を発行できるのか? → できます!

通常のクレジットカードの場合、同じ会社で発行できるのは1枚のみです(家族カードは除く)。

楽天カードの場合は2枚目を発行できます。

この記事を初めて書いた2020年8月時点では1枚目のカードがVISAの場合のみ、同一名義でJCB/Mastercardのいずれかで2枚目の発行が可能でした。

※2021年6月より2枚目の楽天カードが発行できるようになりました!

我が家の場合、すでにVISAを持っていたので、仕事用にMastercardを追加発行しました。

ETCカードも2枚目は発行できるのか? → できます!

ETCカードも仕事用、家計用で分けたいと思っていたのですが、無事ETCカードも2枚目を発行することができました。

ちなみに夫の楽天IDがダイヤモンド会員です。

1枚目のETCカードはダイヤモンド会員の特典で年会費無料になっていますが、2枚目も年会費無料になりました

楽天ETCカードの年会費は通常550円(税込み)となります。
ただし、下記いずれかの条件を満たしている場合は年会費が無料となります。

  • 楽天プレミアムカード会員または楽天ゴールドカード会員の方
  • 楽天PointClubの会員ランクがプラチナ会員またはダイヤモンド会員の方
楽天カード公式サイトより

2枚目の楽天カードを発行するメリット・デメリット

メリット
  • 仕事用、家計用で明細を分けることができる
  • 仕事用、家計用で引落口座を分けることができる
  • ETCカードも2枚目を発行できる
  • 2枚分の楽天ポイントはまとめて貯めることができる
  • 国際ブランドを分けることで利用の幅が広がる
デメリット
  • 2枚持っていても利用限度額が2倍になるわけではない

個人事業主用の楽天ビジネス口座に引き落としを分けることはできるのか?

楽天銀行の個人口座、ビジネス口座の2つを持っているので

  • 個人口座:家計用(VISA)の引落
  • ビジネス口座:個人事業主用(Mastercard)の引落

としたかったのですが、ビジネス口座を引落口座に設定できなかったため、現在は両カードともに夫名義の口座からの引落になっています。

▼お客様センターに問い合わせしました。

個人名義のカードを個人ビジネス口座からの引き落としとすることは推奨しておりません。
また、口座名義とカード名義は完全一致しませんと口座振替の設定ができません。

楽天銀行法人営業部からの回答より

楽天市場の楽天モバイル分のSPU倍率はどうなる?

我が家は楽天モバイルを利用していて、SPUが+4倍になっています。

楽天市場では、

  • 家のものを買う時はVISAを使用
  • 仕事のものを買う時はMastercardを使用

していますが、決済カードによってポイント倍率が異なるのかがわからなくてお客様センターへ問い合わせしました。

お客様センターからの回答は以下の通りです。

SPU(楽天モバイル+4倍)につきましてはお支払い方法について特段条件設定はございません。

そのためお買い物に対してVISAカード、マスターカードのいずれをご利用の場合でも楽天モバイルの対象プランをご契約いただいている会員登録からのご注文であれば、ポイントアップ対象となりますのでご安心ください。

※ご注文時の獲得予定ポイントにて対象特典分が反映されているかを念のためご確認の上、注文確定をお願いいたします。

まとめ:楽天カード、ETCカードは2枚目も発行可能

我が家は家計用、仕事用で完全に分けるために2枚目の楽天カードとETCカードを発行しました。

これまで領収書で分けていて煩雑だったものが、明細で分けれるようになり管理が楽になりました。

限度額が増えないのは気を付ける必要がありますが、特段影響はありません。

個人事業主の方はもちろん、用途によって分けたい方のご参考になれば幸いです。

ご覧いただきありがとうございました。

\ 楽天カードをまだ持ってない方はこちらから/

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次