ミューズノータッチの使い心地。ベストな自動ソープディスペンサーも紹介

ミューズノータッチのソープディスペンサー
※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

コロナ禍以降手洗いが習慣化されました。

小さい子がいらっしゃるおうちでは自動で泡が出てくるソープディスペンサーを使っている方も多いのではないでしょうか。

この記事ではドラッグストアで手に入るミューズノータッチの使い心地についてレビューしたいと思います。

そしてミューズノータッチよりもよいソープディスペンサーも見つけたので最後にまとめます。

目次

ミューズノータッチの泡ハンドソープ

本体とハンドソープがセットになったものが近場のドラッグストアでも購入できます。

シンプルなホワイトカラーや、ディズニーキャラクターものまで色んな種類が発売されています。

男子が喜ぶポケモン

▼私は楽天パンダが好きです(お高い)

小さな子供が手洗いを嫌がる場合は、好きなキャラクターのものがあると喜ぶかもしれません。

我が家では当時3歳の長男は、手で押すタイプの容器が硬くて押せず、洗面所についていき一緒にやっていましたが、ミューズノータッチを購入してからは1人で手洗いしてくれるようになりました。

一人でやってくれるだけで地味に助かります。

詰め替えボトルが高い!安いものはない?

ミューズノータッチのソープディスペンサー

ミューズノータッチって詰替ボトルが割高ですよね?

割とすぐなくなるのに1個500円くらいします。

ケチケチな私はドラッグストアで購入した普通の液体ハンドソープ(コスモスのPB商品)を詰め替えています。

ボトルの構造上、詰め替えはできない仕様になっているので、私は某ブロガーさんの真似をしてボトルの側面にドリルで穴をあけました(写真の赤丸部分)。

ミューズノータッチのボトルに穴を開けた

洗剤が入れやすいように上に穴をあければ良かったと後悔しています。

使っているハンドソープの相性が悪いのか詰まったり、出口で固まったりしましたが、

これは粘度の問題だったようでハンドソープを水で薄めるとうまく出るようになりました。

泡が緩くなったり、泡立ちが悪いようなら水の入れすぎです。

1年以内でセンサーが壊れる → 1年以内は交換対応あり

センサーが1年経たず壊れてしまいました。

完全防水じゃないのも壊れやすい理由の一つかと思います。

調べてみると1年以内なら交換してもらえるとわかり、お客様センターに問い合わせると、いくつか質問の上すんなりと交換してもらうことができました。

2代目を使うにあたり、防水のために電池の入れ替え口をグレーのビニールテープでカバーしてみました。

ミューズノータッチにビニールテープを貼って防水強化

多少防水効果は上がったように思いますが、また1年経たずに使えなくなってしまいました。

電池タイプは交換が面倒

mottoleのソープディスペンサー(電池式)
mottoleの液体ソープ用ディスペンサー

ミューズノータッチが壊れた後、何台かソープディスペンサーを使ってみましたが、電池式は交換が面倒。

防水仕様と明記されていても、電池に錆がついてしまって接触不良を起こして動かなくなることもありました。

そもそもソープディスペンサーは防水レベルやサビ、センサー感度が悪くなったり故障しやすいと感じます。

結論:無印風なUSB充電式ソープディスペンサーがベストでした

無印風なUSB給電タイプのソープディスペンサー

無印良品ではオートディスペンサーは売ってないのですが。

楽天で購入したオートディスペンサーがシンプルで気に入っています。

4台目に使っているこのディスペンサーが過去一です。

USB充電ができるので電池切れになる前に充電すればOK。

電池式は電池4本使うものが多かったので節約にもなっています。

ソープディスペンサーの給電ポート

一応防水仕様ですが充電口が裏側にあるので、水に濡れる心配も少ないです。

ドラッグストアコスモスのPBハンドソープを薄めていれている

コスモスのPB商品の液体ハンドソープを薄めて使っていますが、

2~3倍薄めるとちょうどいい泡が出る

2~3倍に薄めることでほどよい泡がでてきます。

液体ハンドソープも薄めて使えるので経済的です。

もうすぐ買って1年経ちますが、今のところ故障の気配はありません。

本体価格も2,000円未満と故障しても買い替えやすいため、我が家のベストソープディスペンサーになりました。

ご参考になれば嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次