ご飯の炊き方を考える。

※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

夫に「実家のご飯(お米)がおいしい」と言われました。

はた坊

え?(イラッ)

夫が言いたかったのは、新米の時期に(夫の)実家で食べた時の方がおいしかったということらしい。

目次

実家では圧力鍋を使用

義母は圧力鍋で炊いていて、私は圧力鍋が苦手。

はた坊

重いし、扱い方がわからない。

うちでは土鍋を使用

普通の土鍋で炊いている。

5合くらいまで炊けるけど、夫が蓋を落として一部欠けた。

朝ぎりぎりに起きたりすると、ご飯を炊く時間がなくて。

タイマーが使える炊飯器欲しいなと思いつつ、置く場所や管理が面倒。

5合炊き、かつ、軽いもの

土鍋が重たいし蓋も欠けてるし、土鍋を買い替えるか、ストウブを購入するか、すごーーーく考えた。

子どもの成長を考えると、5合くらい炊けるのがいい。

ストウブのご飯用は3合までだし、重たいのは土鍋と変わらないはず。

ZWILLING J.A. HENCKELS staub(ストウブ) ラ ココット de GOHAN Mサイズ

圧力鍋も重たいので除外。

ユニフレームのライスクッカーを購入

そこで買ったのがユニフレームのライスクッカー。

軽くて、キャンプをこれからやっていきたいのもあって、キャンプ先でも使えるのもよかった。

5合まで炊けるのも◎。

ライスクッカーで炊いてみた。

炊き方は

  1. 強火で蓋がカタカタ言い始めたら、音が止まらない程度に弱火に。
  2. カタカタという音と湯気が収まったら火を消して5分蒸らすという手順。

写真でわかるかな?という感じだけど、カタカタという音とともに吹きこぼれはしないけど、しぶき?のようなものがポツポツと出てしまって。

しぶきが止まる程度に火を弱めると、火が消えてしまう。

結局コンロ回りが結構汚れてしまって。

しかも火を消すくらいにカタカタ音が消えるのを待っている間に、コンロの自動消火機能が働いて、勝手に火が消えてしまう。

わざわざ弱火をつけなおす必要があった。

肝心の炊き上がりは

炊き上がりは少しおこげができる感じで、鍋に引っ付くこともなく、するっと取れやすい。

肝心の味は、

土鍋とあまり変わらないかな。

はた坊

なんだって…?(心の声)

土鍋の方がラクだった!

ライスクッカーは音や湯気を気にかける必要があって。

土鍋は

  1. 強火
  2. 湯気が出たら弱火にして5分
  3. 火を止めて3分
  4. 混ぜて蒸らす

という感じで、湯気が出たらタイマーを設定すれば鍋を気にする必要がなくてラクだった。

ライスクッカーはキャンプ道具用品の保管場所へ移動となりました…。

ホットクックでも炊けた!

そして盲点だったのが、2年前に買ったホットクック。

最近はさつまいもを蒸すくらいしか使ってなくて、出番がないなーと思っていたんだけど。

朝起きた時にご飯が炊けてるように炊飯器を買うかすごーく迷っていた時に、炊飯器とホットクックって扱いが似てるよなとふと思い出して。

はた坊

ホットクックでもごはん炊けるんじゃない?

ってことに気づいて、調べたら

炊ーけーたーーー!!

しかも食べるまで時間が空いても保温してくれるので、

ごはんがうまーい!

と、夫も満足。

夫が欲しかったのは、「炊き立て感」でした。

土鍋だとどうしても炊いて時間がたつと冷えてしまうので、それがだめだったようです。

ホットクックでも5合まで炊けるので、土鍋は手放しました。

ご参考になれば嬉しいです。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次