蜂窩織炎になった話。子どもの虫刺されを甘く見てはいけない。

※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

子どもの虫刺され、甘くみていませんか?

近年は蚊も出てこないほど真夏は暑く、少し暑さが和らいだ9月頃によく見かけますよね。

そんな9月初め頃、長男が蜂窩織炎(ほうかしきえん)になりました。

ネットで調べると「診察を受けましょう」というような記事しかなく、診察後の経過などが見つからなかったので経験談を記録しておこうと思います。

目次

不調の始まりは食物アレルギーでした

食物アレルギーで唇が腫れる

夏休み明け幼稚園の始業式から帰ってきたあと、昼ごはんにセブンイレブンの明太子高菜ビーフンを食べました。

第二子妊娠のつわり真っ只中で、自炊をサボっていたころです。

ラーメン大好きな長男も欲しがり、魚、卵、甲殻類アレルギーがあるけど、明太フランスは食べたことがあったから魚卵は大丈夫かと思って食べさせたら…夕方、唇が腫れました

ビーフンごと炒めてあると思ったけど、後乗せの半生だったのかもしれません。

「しまった!」と思い、すぐに抗アレルギー薬を飲ませて様子を見て、翌日かかりつけのアレルギー科併設の小児科へ。

タラコ、イクラなどの魚卵アレルギー検査も実施しました。

かゆみ止めのクリーム(リンデロン)と普段飲んでいるアレルギーの薬を服用して様子を見ました。

その晩に発熱

唇の腫れは少し減り、様子見だなと思ったら寝る前に39℃の発熱。

はた坊

え??なんでアレルギーで熱が出るの?

と焦るも、夜間病院へ行くか迷い、坐薬を入れて様子見。

すんなり寝てくれて安心しました。

翌朝再度かかりつけの病院を受診。いつもと膝の様子が違う

蜂窩織炎で膝が腫れる

朝には熱は下がって安心しましたが、ふとももから膝にかけて蕁麻疹も出ていました。

アレルギーの症状なら様子を見るしかないのですが、その日は金曜日。

翌日台風10号が接近する予報が出ていたので行けるうちに再度かかりつけの小児科へ。

家を出る前に膝の色が左右で違うことに気付きました。

左膝の白っぽくなってるところを押すと痛いというし、歩くのも痛いといいます。

太ももに謎の湿疹も出ていました。

先生に説明すると、

先生

唇が腫れた = アレルギーは起こしてるはず。熱はヘルパンギーナなら一日だけ上がることは普通にある

はた坊

膝が白くなっていていつもと違うのですが、何か関係ありますか?

先生

ほうか〇〇〇〇かな?

と聞きなれない言葉。

え?と思って聞き返すと「虫刺されが化膿してる」と言われました。

「ほうかしきえん(蜂窩織炎)」というらしいです。読めなかった。

先生

押したら痛い?

長男

痛い!

先生

左膝がだいぶ化膿してる。ほっとくと危ないね。

化膿が悪化すると外科で切開が必要らしいです。

太ももは蕁麻疹から湿疹に変わっていたようでアレルギー要因ではなく、化膿が関係してるかもとのこと。

蜂窩織炎でおでこにもとびひ

おでこのニキビみたいなのも、同じく虫刺されが悪化していたようです。

とびひのようになったみたい。

念のため抗生剤の点滴

蜂窩織炎で抗生剤投与中

翌日土曜は午前診察のみ、日曜日は休診、月曜も台風で休診とのことで、悪化させないためにも念のために抗生剤の点滴をすることになりました。

はた坊

病院があいてない時に限って体調崩すあるある。

点滴が終わったら様子を見て、悪化するようなら翌日(土曜午前中)に受診するよう言われ帰りました。

魚卵のアレルギーの検査結果はクラス3で、食べればアレルギー症状が出るレベルでした。

はた坊

ビーフン食べさせてごめんよ。

日曜日、化膿した場所が破裂 → 皮膚科を受診

蜂窩織炎の膿が破裂

結局悪化はせず土曜は様子見。

日曜、翌日台風が来るという時に、膿でパンパンになった箇所が自然と破裂しました。

どろどろと膿が出てきました。

息子は膿が出るたびに気になって仕方なく、ぎゃーぎゃー騒ぐ。発達障害もあって過敏。

膿が出たなら快方に向かってるなとは思ったけれど、子どもがじっとしてるはずもなく触ろうとするのを止めるの繰り返し。

傷にまたばいきんが入りそうだったので、台風が本格的になる前に休日診療のある皮膚科へ行きました。

きれいに洗って化膿どめを塗って、ガーゼをしておけばOKと言われたので帰りにガーゼを買って帰宅。

自宅で対処できそうなことで拍子抜けしましたが、台風の中悪化せずよかったです。

しばらくは安静にして1週間ほどで快方

台風明けの火曜日、念のためかかりつけの小児科へ行きました。

傷口からばい菌が入るといけないので、しばらくはシャワーのみ、こけたり、砂場はNGとのことで外遊びは控えるよう言われました。

幼稚園でも先生に外遊びは控えるようお願いして、1週間ほどで傷もきれいになりました。

アレルギーから始まり、発熱、化膿が一度にきてパニックになったけど大事に至らずよかったです。

元々肌が弱い息子。

虫に刺されやすく、虫除けしても刺されるのであまりケアしなくなってました。

どうせ刺されるし…と思わず、ちゃんとケアしてあげなければと思います。

▲ステロイド軟膏ですが、虫刺されは早く治した方がいいので、適宜使用しています。

▼虫よけスプレーはイカリジン配合(ディートフリー)のものを使っています。

ご参考になれば嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次