終身保険(貯蓄型保険)は解約した方がいい。

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

保険はどれくらいかけていますか?

我が家は夫(自営業)、私(パート)、子ども2人の4人家族。

保険料を抑えたい、貯蓄型保険をかけ続けることに疑問を感じている方に、我が家の保険契約の内容や終身保険を解約した理由など体験談をお伝えします。

スポンサーリンク

終身保険(貯蓄型保険)とは

終身保険とは
  • 死亡時に保険金が給付される
  • 掛け捨てではなく、保障を得ながら貯蓄もできる
  • 途中解約時は返戻金がある
  • 途中解約は元本割れする場合がある
  • 掛け捨て型の保険に比べると保険料が高め

貯蓄型保険という商品名で売られているわけではなく、

貯蓄型保険の商品名
  • 終身保険
  • 養老保険
  • 学資保険
  • 個人年金保険

といった名前の商品があります。

我が家の終身保険

夫(今年43歳)が18歳の時に入ったもので、東京海上日動の終身保険。

加入中の終身保険
  • 死亡・高度障害時に200万円の保険金が出る
  • 払込期間は65歳まで
  • 年額22,194円
  • 支払総額107万円

長男を出産後、保険を見直した際にFPさんから

この終身保険は最近の商品に比べて利率がいいものなので、お守り代わりに持っておくとお葬式代になりますよ

と言われ、その言葉を鵜呑みにしてずっと契約し続けていました。

リベ大のYouTubeを見て目が覚める

以前リベ大の書籍を読んで理解したつもりでした。

でも、最近YouTubeでライブを見ていると

貯蓄型保険はゴミや!

という言葉を再三聞き、

はた坊
はた坊

25年もかけてるけどうちの場合は大丈夫だよね…でもあと22年も払うの?

と思い、自分で計算してみました。

積立シミュレーションの結果と比較

終身保険を解約して、解約返戻金と月々の保険料をつみたてNISAで投資した場合のシミュレーションをしました。

つみたてNISAのシミュレーション条件
  • 初期投資額:解約返戻金約¥510,000
  • 積立額:保険料22,194円/年を月ベースにすると1,800円
  • 43歳~65歳の22年
  • 想定リターン:15年以上積立する場合には5%は現実的な年率
三菱UFJアセットマネジメント つみたて投資シミュレーションより https://www.am.mufg.jp/tool/simulation_tsumitate.html
三菱UFJアセットマネジメント つみたて投資シミュレーションより https://www.am.mufg.jp/tool/simulation_tsumitate.html

なんと65歳時点で234万円に育つ!

ついでに、つみたてNISAのシミュレーション結果と終身保険を契約し続けた場合の支払い総額、解約返戻金を比較してみました。

終身保険つみたてNISA
年齢(夫)支払総額解約返戻金積立元本予想資産額
202443589,434511,400
202948700,404660,000
203958922,3441,007,8001,536,938
2046651,077,7021,007,800985,2002,342,488
2047681,077,7021,368,2001,050,0002,781,363
2067881,077,7021,798,8001,482,0008,110,233
2078981,077,7021,913,4001,698,00013,488,568
比較結果のポイント
  • 65歳まで保険料を支払い、68歳まで持てば元本割れはしない。
  • 払い込みしても死亡するまでは資金拘束される
  • 仮に98歳でお金が必要になって解約しても満額200万にはならない。
  • つみたてNISAにすれば65歳時点でも年率5%で234万に育つ。
  • 積立期間が長くなればなるほど、驚きの差(65歳以降も積み立てる前提)
  • つみたてNISAにすれば資金拘束はされず、いつでも取り崩せる。
  • 10年以内に亡くなるような場合は保険をかけていた方がよかったことになるけど、そんなケースは考えない方がメンタル的によい。

自分で比較して数字を目にすることがとても大事だと痛感。

結論:終身保険は解約した方がいい!

結論は解約した方がいいの一択。

つみたてNISAはリスクもあるので100%の運用結果ではないけれど、15年投資を続けるとマイナスになる可能性は低い。

払いこみ完了まで22年あるし、満期=死亡時ならなおさら自分で運用すべきと感じました。

リベ大YouTubeで学んだことは、

保険料の内訳は開示されていないけど、保険料の40~80%は手数料として持っていかれ、残りが運用されている。

保険と投資と貯蓄は混ぜるなキケン!

リベ大YouTubeより

実際に計算してみると、自分で投資した方がよっぽどいいとわかりました。

夫が若いころにお母さんがかけてくれた保険だったので、「解約した方がいい!」と一方的に主張すると夫の反発を買うかと思い、積立シミュレーションの結果と返戻金の数字を比較して見せることで納得してくれました。

夫から保険屋さんに電話で解約を伝えたところ、

この保険はいい保険ですよ。

とは言われたみたいだけど、それは「手数料が入ってくる保険屋さんにとっていい保険」(心の声)ということで、淡々と解約の旨を伝えたそう。

解約を止められることはなかったようなので、よかったです。

割とすぐに解約返戻金も振り込まれました。

これまでの支払総額は推定¥567,240で、解約返戻金は¥507,600。

約6万円減ったことになりますが、いい勉強代になりました。6万円程度で済んでよかったです

これからも家計の見直し続けていきます。

終身保険を解約するか迷っている方はぜひ一度自分でシミュレーションしてみることをお勧めします。

参考になれば幸いです。

▼代理店を頼ると余計な保険を売りつけられる可能性がありますが、どうしても自分で考えるのが難しい方はこういうサービスもあります。

この記事を書いた人
はた坊

ローコスト建売に住む40代主婦。夫、息子2人(5歳差)の家族4人暮らし。暮らし、もの、整理収納、育児、お金など暮らしのメモ。

お金
スポンサーリンク
暮らしのメモ

コメント