お昼寝ベビーマットは円形(ラウンドマット)が使いやすい。

お昼寝マットは円形が使いやすい
※当ページのリンクには広告が含まれています。

ご訪問ありがとうございます。

ベビーマットはどんなものを使っていますか?

我が家でも次男が産まれるにあたってベビーマットを買い足しました。

洛中高岡屋のせんべい座布団に憧れ、円形のベビーマットを探しました。

ベビーマット = 四角だと思い込んでいた私ですが、円形のベビーマットで感じたメリットをお伝えします。

目次

mofa:イブル ラウンドマット 直径100㎝

選んだのはmofaのイブルラウンドマット。

リビングマットもハウスダスト対策で気軽に洗えるイブルを使ってるので、雰囲気も合います。

お昼寝マットは円形が使いやすい

直径100㎝あるので赤ちゃんはすっぽりおさまります。

円形マット(ラウンドマット)のメリット・デメリット

長男の時は長方形の長座布団を使っていて、壁に寄せて寝かせていました。

5ヶ月頃の長男 まんまる抱っこの指導を受け始めたころ
ラウンドマットのメリット
  • 長方形だとレイアウトに合わせて縦/横に変えるしかできないけど、円形だと少し回せば赤ちゃんの向きを変えるのも簡単
  • 向きを変えやすいので、見てほしい方、見てほしくない方も自由に変えられる◎
  • 月齢フォトが撮りやすい(後述)
  • スペースを取りそうに感じていたけど円形は案外扱いやすい

向き癖がつきにくいように定期的に位置を変えたり、グズる時は家族が見えるように回したり、テレビをつけたら見えないように回したりしていました。

ラウンドマットのデメリット
  • 直径100㎝あるため、細長い長方形のマットよりはスペースが必要

月齢フォト:成長記録の定点撮影にも便利

月齢フォト1~6ヶ月

1ヵ月ごとに同じ配置で成長記録の撮影をしていました。

体のサイズや表情、動きの変化などを比較しやすく、成長を感じます。

月齢フォト7~12ヶ月

4ヶ月くらい使うと毛玉ができたり縫い目(模様)が切れたりなどの消耗もありましたが、白を選んだので漂白できてよかったです。

次男は成長してお昼寝には使わなくなりましたが、トランポリンと同じサイズ(100cm)なのでトランポリンの上に乗せたり、リビングにおいて今も使っています。

ベビーマットは円形がスペースを取るようで、使いやすかったよという話でした。

参考:洛中高岡屋のせんべい座布団

ご参考になれば嬉しいです。

ご覧いただきありがとうございました。

<スポンサーリンク>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次