悪い趣味を手放す。

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

ご訪問ありがとうございます。

今日はダレトクでもない話ですが、お時間ある方はお付き合いください。

スポンサーリンク

悪い趣味というか恥ずかしい趣味。

誰にも言えない、わけではないけど人に言うのがちょっと恥ずかしい趣味がありまして。

イラストロジック

が好きなんです。

同じ趣味の人がご覧になっていたら、言いづらいけれど…オタクな趣味。

最初は懸賞付きのものから始めて、どんどん難しいのに挑戦したくなって。

頻繁に買っていたわけではないけど、時々無性にやりたくなっちゃって。

子育て中の自分時間としても、家にいながらできる数少ない趣味の一つでした。

懸賞で音楽プレイヤーをあてたこともあったり。

楽しい、無心になれるけど弊害がいっぱい。

ひたすら無心でできるけど、同じ姿勢でやり続けるので腰痛、肩こり、目の疲れが顕著になる。

細かい数字のチェックをするので目の疲れがほんとにひどい。(パソコンより疲れ

子どもがテレビを見ている傍らで自分の時間を楽しんでいると、子どもに邪魔をされて無駄にイライラするし。

最後に買った難しい冊子に限っては難易度が高いから、時間がかかってやめ時がなくて、やるべきことの時間を侵食してしまったり。

定期的に「やめよう!」と思い立っては、見えないファイルボックスの中にいれて遠ざけてみたりしていた。

でも家の中にあるから、たまーに出してきてやっちゃうの繰り返し。

今やるのはこれじゃない気がして。

外で働きたい、読書もしたい、子どもの相手ももう少しした方がいいかな…などの理由で思い切って捨てました。

まだ問題は残っていたけど、また老後にでも時間ができたらやろうと思います。

ご覧いただきありがとうございました。

この記事を書いた人
はた坊

ローコスト建売に住む40代主婦。夫、息子2人(5歳差)の家族4人暮らし。暮らし、もの、整理収納、育児、お金など暮らしのメモ。

整理収納
スポンサーリンク
暮らしのメモ

コメント